塾長ブログ

スマイルアシスト創立の思い

こんにちは。はじめまして。

栃木県小山市で
新個別指導塾「スマイルアシスト」
を経営しております、

塾長の 黒木久美子 と申します。

当塾は、2013年3月4日に
ここ、栃木県小山市に開校いたしました。

なぜ、小山市出身ではない私が
ここ小山に個別指導塾を開校しようと思ったのか。

それは、2011年の東日本大震災の経験からでした。

私は当時働いていた、福島市の車の部品メーカーの工場内におりました。

出勤して間もなく、あの大地震に見舞われました。

「逃げろー」

「こっちだこっちだ」

という誘導の声。

そして、

「キャーーー」

「助けてーーー」

という泣き叫ぶような声。

目の前にはガラスケースが大きな音とともに倒れ、

天井は四角い形状のまま容赦なく降ってきました。

まるで現場は地獄図を見るようでした。

「死ぬかもしれない…」

私は生まれて初めてそう思いました。

元々、自衛隊勤務していたこともあり、
忍耐力や仲間の大切さについては身を持って知っていました。

震災がようやく落ち着き、徐々に復興の文字が世間に踊りだした頃、

「自分が自分らしく生きる道はないのか」

そう考えるようになりました。

教員免許を持っていた私は、以前からの夢であった
学習塾の経営をすることに目を向け始めました。

ただ、ここ福島ではその夢をかなえるのは難しいかもしれない。

なぜなら、原発事故によって人の流出が止まらなかったからです。

そこで、知り合いが住んでいた栃木県小山市に初めて足を運ぶことになります。

恥ずかしながら、それまで小山市という地域を知りませんでした。

そんな土地勘のない私がここ小山で念願の塾の開業をするにあたり、
本当にたくさんの方のお世話になりました。

数えきれないほどの励ましや応援もいただき、本当に感謝というしか
言葉が出てきません。

改めてお礼を申し上げたいと思います。

そうやってたくさんの方の声援をいただきながら、
私の目指す塾は次のとおりです。

「なりたい自分になる!!」

子供たちがキラキラと自分の個性を生かせる
そんな教育を目指しています。

そして、生徒さんだけではなく、
ご家族のみなさんにも笑顔の輪が広がるような
そんな塾であり続けたい。

それが私の願いです。

黒木 久美子

スマイルアシスト 塾長

コメント

この記事へのコメントはありません。